仕事で絵を描いてるのだから絵を描ける道具には財布の紐が緩みがち。

Appleの発表会であるWWDC2017で発表された時はiPad12.9だけでもいいかと思ったけど、結局思い切って10.5も行ってしまった。
だって画面のサイズが違うんだもん。
画面の反応が良くなってApple Pencilの精度が上がったのと、最大容量が512GBまでアップしたのが決め手だった。
今まで使っていたiPad Pro12.9が128GBだったので一気に4倍になって、これでいくらでも絵が描けるという算段です。それに電子書籍で前のはいっぱいになっていたので、本棚が拡張したと思えば申し分ない。

その新型の使い勝手は絵を描かなければ、まあ大容量のiPadかなぁ・・・・・という。
Netflixやhulu観る分には今までの機種でも十分だったしね。
電子書籍読むだけなら何世代か前の機種でも十分だったし。


保護フィルム買ってはみたもののペンで描こうとするとキュッキュッ音が鳴るので失敗したかも。
そのうち貼り直す。


値段の割には触り心地よかった。
あとペンがキュッキュッしない。
問題なければこのまま使い続けると思う。

あとiPadPro12.9は前の機種で使っていたケースが同じサイズだからハマるだろうと思ってつけてみたら、新型はカメラが出っ張るようになってしまったため以前のケースと干渉するようになったから、結局新しいケースに買い直すことになった。
裏面のフラッシュの位置とかも変わってるから、ケースは買い直す運命だった。