締切と掲載の追いかけっこが続いてます。
また犬耳ちゃんの過去編の続きからです。
小説版の2巻のこの部分まで来るのに結構時間かかった気がする。
もうちょっとスピード上げていかないと、
このあとそこそこページのある回があるので 
多少ページの少ない回があっても気を抜けない。