かんたか先生が電気ドリルを持ってやってきた。

うちの漫画をただ積み上げてる環境を哀れに思って
かんたか先生が本棚を送りつけていたのだが、
今日はその本棚を組み立てるためにかんたか先生が
自慢のドリルを持ってやってきた。
その圧倒的な電気ドリルのパワーの前に
本棚は大人の階段をのぼって、あっという間に完成。
出来上がったばかりの本棚に漫画本を投入。

・・・・・・半分くらいしか本が収まらなかった。

ま、そんなこともあるよね。

漫画本捨てるか新しい本棚買ってこよう。